<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夏!真っ盛り!

昨日は、各地で花火大会や、お祭りがありました。

お休みで用事があり、浅草にいってきたのですが、
隅田川花火大会をみようとする浴衣姿の人達で、
昼間から大賑わいでした。

あー「夏ですね!!」暑くて溶けちゃいそうでした。

本日は、当社では松戸「ありがとうビル」でセミナーを開催しましたし、ご案内のお客様もいらして
賑やかでした。

分譲物件をご検討中のお客様のお子様は、帰り間際、帰りたくないとぐずってしまって大変。
弟ができたばかりの難しい年頃ですが、当社の居心地がとても良かったようです。

お話が進むと良いなあ。

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-29 17:45

床暖房と熱中症

暑さが戻り、皆ヒーヒー言っています。

節電の夏ですが、呉々も熱中症には気をつけましょう。

そういった中、午前中にいらした新しい業社さんからご紹介頂いたのが床暖房でした。

正直「あつっ!」と思いました。

でも、その営業の方がおっしゃるのには、

今のうちから、しっかりと営業して「たね」を蒔いておくと、

秋口、秋風が吹き始めるころに「床暖房」の必要性を思い出し、

その種がふくらんで結実してくるそうです。

無事、刈り取れるといいですね。

日頃の地道な努力がなければ何事も実は結びません。
e0129434_16591168.jpg

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-25 16:59
お子様達は夏休みですね!!

お母様たちは大変・・・・・・。でも子供時代の良い思い出をたくさん創ってあげたいですよね。

松戸「きれいのたね」ではお子様が参加できるプログラムをご用意していますし、

ちょっとでも家創りをお考えなら、新松戸モデルハウスでの体験宿泊なんていうのはいかがでしょうか。

また上本郷「きれいのたね」natural tableでの楽しいランチはいかがでしょうか。

いろいろ取り揃えておりますので、ご活用下さい。
e0129434_2023116.jpg

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-23 20:27

夏といえば!

夏真っ盛り、暑い日々が続いております。

先日、当社が昔からいろいろお世話になっており、
お嬢様のご自宅を建てさせて頂いたK様が、自分の畑でできた
枝豆を持って、いらっしゃいました。
さやを枝からひとつひとつ丁寧に取っておもちになりました。

皆でおすそわけし、家で茹でて頂いたのですが、まあその美味しいこと!
毎年この時期になると、決まって持ってきて頂きます。

本当に嬉しく思います。

一粒一粒に愛情たっぷり、作物そのものと、それを食するであろう人への。

夏はやっぱり、ビールと枝豆ですね!!

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-19 16:35
本日は、松戸ありがとうビルにて福島飯舘村復興支援チャリティバザー
「までいマーケット」が開かれました。
大盛況だったようです。(私は馬橋待機でした。)

提供品をいろいろな皆様からご協力頂き、大変有難うございました。
またご参加の皆様には沢山お買い上げ頂いたようで感謝、感謝です。

会社で皆様に声をかけて頂いて持ち寄ってくださったり、ご実家までご協力頂いたり、
会社のノベルティグッズをご提供頂いたり、と様々な形で温かいお気持ちを頂きました。

また、会場のほうにも高校生のお子様にまで動員司令を出していただいたり、
小さいお子様連れでお越し頂いたり、本当にありがとうございました。

また3ヶ月後に予定しておりますので何卒宜しくお願い致します。

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-15 16:52
先日、建築中現場の「新松戸南2丁目の家」の配線確認に行って参りました。

電気配線が図面通りに施工されているか、あるいは
その位置で使い勝手は良いのかを現場で実際に確認します。

図面ではわからないことも、実際に現場で確認するといろいろと見えてきます。
やはり現場で実際に確認することは大事なことだと実感しました。

またこの現場ではいままで床材で使用していて好評を博していた、
宮崎の飫肥杉無垢材を構造材の柱として使用しています。

粘りと強度と弾力性に富む独特の質感で、家全体をしっかりと支えてくれると思います。
e0129434_17143942.jpg

e0129434_1715253.jpg


[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-13 17:19
先週末に観劇をして参りました。
チェーホフ「桜の園」の三谷幸喜版です。
「悲劇」として新劇の定番となっていたものを
三谷幸喜が「喜劇」として一新したのです。

生まれ育った広大かつ美しい屋敷と庭園を、没落とともに手放さざるを得なくなった
貴族の悲劇をテーマとしたものです。

やはり自分の生まれ育った場所への愛着というものは、普遍的なものだと思いました。

今、当社が、手がけている「いやしろの住まい」で育ったお子様たちが、きっと
、大きくなったときにこの住まいを「こころの糧」、あるいは軸として
生きて行かれるに違いないとの確信を持ちました。
e0129434_933489.jpg


e0129434_933226.jpg


[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-10 09:38
本日は、平日の水曜日にもかかわらず、お客様のお打ち合わせで事務所は大賑わいでした。

同時にお打ち合わせされていた、F様とS様は偶然にも、奥様のご実家を当社で建てさせて頂きました。

ともにご実家のお薦めで当社をお選び頂きました。2代続けて当社の住まいに住んで頂ける。

とても嬉しく、また有難いことです。

そして、今日はこれから、当社創立35周年をお祝いするイベントがあります。

35周年続いているからこそ、2代に渡ってご愛顧頂けるということですものね。

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-04 15:07

白樺派のカレー!

7月を迎え、1年が半分過ぎたことを確認し、もうすぐにでも年末になってしまう危機感を覚えました。

まだまだ、やらなければいけないことが沢山あります。

いろいろなことをスピードアップして仕上げていかなければいけない焦燥感に襲われました。

7月15日にありがとうビルで行われる、「飯舘村」復興支援チャリティーバザー「までいマーケット」

の提供品協力を、協力業社様にお願い致しました。すると

早速,K社 のO社長が提供品を持ってきて頂きました。

子供用滑り台と、自身が副会長を努められる「白樺派のカレー普及会」のレトルトカレー
をご提供頂きました。

そう、大正デモクラシーの頃。我孫子手賀沼のほとりは白樺派の文人たちが活発な創作活動をしていたのですね。そのことにちなんだカレーを再現し普及させようという会とのこと。

忙しい方に限って、いろいろなことをされているのだということを又実感しました。
e0129434_20124096.jpg

[PR]
by fujisawa1651 | 2012-07-02 20:14

健康


by fujisawa1651